×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



イケア リンク集

売上高は173億ユーロ(2005年9月1日〜2006年8月31日)。 製造部門の子会社であるスウェドウッド、サービス部門を統括するイケアサービス、デザインや商品企画などを担当するイケア・オブ・スウェーデン他、各国の販売チャンネルなど多くの子会社を抱え、「イケアグループ」と呼称される企業体を形作っている[1]。 現在は、オランダ南部の都市ライデンを本拠地とする財団法人スティヒティング・インカ・ファウンデーション(創業者イングヴァル・カンプラードの創設した基金)が、イケアグループ全体の親会社であるインカ・ホールディングを所有している。 家具にはスウェーデン語の名前がついているのが特徴。郊外に「イケアストア」と呼ばれる大規模な店舗を構える方法で展開している。ロシア進出の際には、ドキュメンタリー映画が撮影された。

IKEAの由来は、創業者:Ingvar.Kamprad.のイニシャルに、彼が育ったElmtaryd農場とAgunnaryd町の頭文字をつなげ合わせたものである。日本語でのカタカナ表記は「イケア」であるが、英語では「アイキア」と発音する。ドイツ語やオランダ語での発音は「イケア」である。

日本においては、1974年に大阪の三井物産資材部、湯川家具、チトセ(スチール家具メーカー)および東急百貨店が、イケアスウェーデンとの契約のもと、合弁会社「イケア日本株式会社」を設立。第1店舗を千葉県船橋市のローラースケート場跡(後日、現ららぽーと内アクタスの場所近くへ移転、ららぽーと完成時少し移動。)に、第2 店舗を兵庫県神戸市灘区新在家の国道43号沿いの「イケアタウン六甲」(現サザンモール六甲そば)などに出店。小売はもとより、卸も行っていた。しかし、1986年に日本から撤退。イケア日本株式会社のメンバーは、イケア日本の閉鎖と同時に新会社「アクタス」へと移った。 後に2001 年に日本再進出を決定し、2002年7月に日本法人「イケア・ジャパン」を設立。1号店(イケア船橋)が2006年4 月24日に、千葉県船橋市にあった屋内スキー場・ららぽーとスキードームSSAWSの跡地の一部を利用してオープンした。イケアストアオープンの恒例になっている「丸太カット」(テープカットの代わりである)も行われた。 なお、当初一号店のオープンは2005年9月を予定していたが、より迅速な在庫管理を行うために、中国上海に大規模物流センターを建設することとなり、延期になっていた。日本における物流センターは、千葉県八千代市にあるが仮のものであった。候補地は数多く上がっていたが、結局2006年11 月15日に、愛知県弥富市上野町の弥富地区工業用地27ヘクタールを愛知県企業庁より約100億円で購入し、翌2007年6 月に着工。2008 年10月1日に、「IKEA弥富物流センター」として操業開始した。中部地方が選定された理由として、現在店舗が存在する関東地方と関西地方の中間地点にあたること、また、名古屋港の物流利便性などが決め手になったと伝えられる[2]。[3]。 今後、数年以内に、関東と関西でそれぞれ最大6店舗ずつの開店を目標としているほか、政令指定都市に出店する計画がある。その足がかりとして2012年に福岡県新宮町に出店する方針を固めた[4]。 インターネット版カタログもあるが、イケアではネット販売自体は行っておらず、店頭販売のみとなる。配送サービスも店頭で購入した商品が対象となる為、「購入代行業者」が多数存在する。公式Webサイトに「IKEAと類似のブランド表示による通信販売サイトはIKEAとは無関係です。イケア製品はイケアストア(船橋、港北、ポートアイランド、鶴浜、新三郷)のみでの販売となります」との記載がある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 イケア リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4